メインイメージ

タクシーの利用法について

目的地を運転手に告げ、走行距離や走行時間によってお金を払って乗る自動車システムがタクシーです。
海外ではイエローキャブと呼ばれたりもします。
電車やバスが少ない交通の便が不便な場所や、急ぎの用事の場合などに使用されます。
またたくさんの人数で目的地まで移動する場合に、電車を使うよりも車での料金を皆で割り勘したほうが安くなる場合などにも、利用する人が多いです。
最近見られるようになったのが、山手や丘の上の高級住宅に住む高齢者が、タクシーを呼んで坂の下にあるスーパーに買い物に行き、買い物が終わるまで運転手に待っていてもらい、買い物が済むとまた乗り込んで家まで送ってもらうという形です。
山手は坂が多く高齢者は買い物に行くのに歩くのも辛いため、こうした利用者が増えてきました。
また車がなかなか拾えない場所でも、会社に電話をすれば運転手が迎えに来てくれるので、タクシー会社の電話番号を控えておくといざというときに便利です。

最終更新日:2015/4/1

Copyright © 終電逃したらタクシー! All Rights Reserved.